コラーゲンは、水分の次に私たちの体内に最も多く含まれるたんぱく質の一種で、体のあらゆるところに存在しています。

 

タンパク質は皮膚や骨、腱、軟骨、髪の毛の主要な組織成分であり、新陳代謝の促進にも必要不可欠な重要成分です。

 

コラーゲンの働きにより皮膚のハリや弾力、瑞々しさを維持することができ、タンパク質不足による新陳代謝の衰えは、肌や骨、髪の老化の原因にもなります。

 

コラーゲンは体内でどんな働きをしているの?

fukusayou

新陳代謝を活性化させるためにはコラーゲンが非常に重要な働きをします。コラーゲンが不足すると肌のハリや弾力が失われ、小じわも増えます。

 

さらに抜け毛が増え毛髪が薄くなる他、視力低下など、美容だけでなく健康にも大きな影響を及ぼします。

 

今回はコラーゲンの特徴やメカニズムについて、その効果やコラーゲン含有量の多いおすすめの食品についても紹介します。

 

コラーゲンは男性にどんな効果がある!?

 

コラーゲンは骨や靭帯の形成を促進?

fukusayou

コラーゲンは、体内のタンパク質の30%を占め、私たちの健康や美容に欠かせない重要成分です。

 

以下にコラーゲンを摂取することで実感できる効果を列挙します。

・皮膚のハリ、潤いを保ち、小じわやシミを改善する

・髪や体毛、爪の健康維持

・筋肉形成・強化

・血管強化

・骨の柔軟性を維持する

・病気やケガなどの回復力アップ

・免疫力アップ

 

コラーゲンはアンチエイジングに効果的!

コラーゲンを摂取すると体内合成が促進され、骨や靭帯、皮膚、軟骨、髪の毛、血管内のコラーゲンが増えることで全身の若返り・アンチエイジング効果が期待できます。

 

またコラーゲンは、靭帯や筋肉、軟骨の基となるので、摂取することで骨や靭帯の形成を促したり、骨や関節疾患に生じる症状が緩和され、膝の靭帯損傷など、骨と骨をつなぐ膝の関節が損傷してしまう靭帯損傷にも非常に効果的です。

 

因みに靭帯や腱の回復のためには、コラーゲンと共にビタミンCとヒアルロン酸も一緒に摂るとさらに相乗効果が高まります。

 

具体的に、ヒアルロン酸はコラーゲンの網目上の隙間を埋め、ビタミンCは消化・吸収を助ける働きがあります。

 

コラーゲンとビタミンCたヒラルロン酸は同時に摂取しよう!

コラーゲンを摂るときには、ビタミンCやヒアルロン酸などのお助け成分を一緒に摂るようにしましょう。

 

コラーゲンは体内で活発に代謝を繰り返し増加していき骨格形成が完成する20歳頃にピークを迎えます。

 

ただ、20歳を過ぎるとコラーゲンを生成量は少しずつ落ちていき、25歳以降は体内のコラーゲン量は徐々に減少していきます。

 

さらに50代になるとピーク時と比較して70%くらいまでに減少してしまいます。

 

加齢と不規則な生活習慣が体内のコラーゲンを減少させる!

老化だけではなく、ストレスや生活習慣などが原因で発生する活性酸素も体内のコラーゲン量低下の原因となります。

 

体内のコラーゲン生産能力が低下すると、骨や関節、靭帯など様々なダメージを受けやすくなるので注意が必要です。

 

さらに加齢によりコラーゲン量減少とともに質も低下していきます。20代の頃は活発だったコラーゲンも年齢と共に美容や健康をサポートする機能が低下してしまいます。

 

そこで、失われたコラーゲンの不足分を補うために、毎日の食事からコラーゲンを積極的に摂取することが大切です。

 

以下にコラーゲン含有量が多く靭帯の損傷や骨形成に効果的な食品を紹介します。

 

靭帯の損傷に効果的な食べ物!

hone

コラーゲンは紫外線、活性酸素などに影響を受け、質や量が低下していきます。また、老化によりコラーゲン合成量が低下するとシミや小じわ、ハリや弾力の劣化など肌の老化現象が起こりますね。

 

このため、美容や健康を維持して若さを保つためにも積極的にコラーゲンを摂取することが大切です。

 

コラーゲンを多く含む食品

トリ皮、エイひれ、フカヒレ、牛筋、豚足、サンマ、ウナギ‥

 

上記のようなコラーゲンを多く含む食品に、さらにコラーゲンの原料・アミノ酸やビタミンCを一緒に摂取することでコラーゲン再合成の効果はより一層高まります。

 

コラーゲンやアミノ酸、ビタミンCを同時に補給できるすっぽん小町の効果とは

 

さらに骨の強化に効果的な乳製品・肉・魚類などのカルシウム、筋肉形成に効果的な肉類、魚類・大豆製品・乳製品なども一緒に摂るとより効果的です。

 

コラーゲンサプリの摂取もおすすめ!

偏った食品ばかり摂取せずにバランスよく多種多様な食品を毎日積極的に食べることが大切です。

 

また、食品より吸収力が高いコラーゲンサプリメントを併用することでさらに効果が高まり、関節や腱、靭帯強化におすすめです。

 

食事のサポートとして上手に利用されてみてはいかがでしょうか?

 

便秘解消や骨・靭帯の強化におすすめのコラーゲンサプリTOP3

 

コラーゲンは便秘の解消にも効果的?

hone

コラーゲンは老化に伴い減少してしまう傾向があり、腸内のコラーゲンが不足すると腸の働きが衰えるため便秘の原因となることが確認されています。

 

このため、年齢と共に減少するコラーゲンを食事や飲料、サプリメントなどで補うことで腸の働きが促され便秘解消につながります。

 

美肌や健康に効果的とされるコラーゲンですが、美肌の大敵・便秘も一緒に解消されるのです。

 

ただ、実際のところコラーゲンを摂取することが便秘解消につながるのかは、体質的な個人差も大きく一概には言えません。

 

コラーゲンサプリの過剰摂取は便秘につながる!?

中にはサプリメントなどで高濃度のコラーゲン配合のサプリメントを過剰に摂取してしまったためにかえって便秘が悪化してしまうケースも報告されています。

 

これは、コラーゲンに体内の水分が引き寄せられ、腸内の水分不足してしまったため腸の蠕動運動が低下して便秘が悪化してしまうことが原因として考えられます。

 

こういったケースでは不足した水分を充分に補ってあげることで腸の蠕動運動が改善され便秘も解消されるので、さほど心配はいりません。

 

特にコラーゲン配合のサプリメントや飲料を摂取する際は、自身に合った適量を見極めつつ摂取されることをおすすめします。

 

便秘の症状の悪化などの不安を感じた場合には、病院へすぐに受診して医師に相談すると良いですね。

 

癌や高脂血症、リウマチにもコラーゲンが効果的!? 

 

以下の記事も読まれています!