コラーゲンは3大栄養素の1つ、タンパク質の一種で人間の体を作るのに必要不可欠な大切な栄養素となります。

 

基本的にタンパク質の30パーセントはコラーゲンで構成されており、私たちの血管、肌、骨、髪の毛、爪など全身のあらゆるところに存在しています。

 

近年では、コラーゲン配合の化粧品やサプリメントもたくさん市販されています。コラーゲンの効果についてあまり詳しくなくても「なんとなく肌によさそう」とイメージを持たれる方も多いでしょう。

 

美肌効果で印象強いコラーゲンですが、実はバストアップの効果も期待できることをご存知ですか?

 

コラーゲンでバストアップ!?

collagen

大きく分けると乳房には脂肪とクーパー靭帯、乳腺で出来ています。この3つの中でもクーパー靭帯は、主にコラーゲンから作られています。

 

このため、コラーゲンを摂取することで体内のコラーゲン量が満たされるとクーパー靭帯が強化され、バストの垂れや型崩れ予防だけではなく、クーパー靭帯の弾力や張りがよくなり、胸のハリや膨らみなどバストアップにつながります。

 

また、バストの皮膚もハリや潤い、弾力がなくなると垂れてしまうので、しっかりとケアしてあげることが大切です。

 

内側からコラーゲンを摂取することが大切!

普段から積極的にコラーゲンをたくさん含む食品を摂取したり、コラーゲン配合のスキンケアグッズで外側からケアしてあげることも有効です。

 

ただ、コラーゲンの分子はもともと大きく体内に吸収されにくい特徴があるので、コラーゲン配合の化粧品やケアグッズによる外側からケアだけでは体内のコラーゲン量を増やすことができません。

 

スキンケアグッズによるケアはあくまでも仕上げの段階であり、基本は規則正しい生活習慣+コラーゲンを継続的に摂取することで体の内側からバスアップケアを行うのが最も確実でおすすめの方法です。

 

コラーゲンが豊富な食品とは

そこで、日頃からコラーゲンをたくさん含む食品を積極的に摂取できるよう「食事内容も見直し」が最も重要なポイントとなります。

 

以下にコラーゲンをたくさん含む食品を紹介します。

 

《コラーゲン含有量の多い食品》

・ウナギ

・サンマ

・豚足

・牛筋

・ゼラチン

・フカヒレ

・エイひれ

・鶏手羽先

 

コラーゲンは様々な食品に含まれているので1つの食材に偏らず多種多様な食材をバランスよく摂取してバストアップを目指しましょう!

 

また、食事で摂取したコラーゲンはそのまま吸収されるわけではなく、胃腸で消化され体内でアミノ酸やアミノ酸が何個かつながったペプチド状になり体内で再構成されます。

 

ビタミンCとコラーゲンの摂取が大切!

その再構成をサポートするために必要不可欠なのがビタミンCです。また、食品から摂取されたアミノ酸は酵素のサポートを受けつつ体内でコラーゲンへと変換します。

 

このためコラーゲンと共にビタミンCとアミノ酸、酵素も一緒に摂ることでコラーゲン効果を一層高めていきましょう!

 

バストのメカニズムとは

collagen

バストの構造は、脂肪と乳腺で主に構成されていますが、それをサポートする形でクーパー靭帯があります。

 

バストのベースは筋肉で、皮膚が表面を覆っています。

 

このため、バストケアはバストをつくる「乳腺」、「脂肪」、「クーパー靭帯」に重点を置きつつ、バスト周りの「皮膚」、「筋肉」をしっかりケアしてあげることがポイントです。

 

バストが垂れてしまう原因とは

まず、考えられる原因の1つは日常生活習慣です。不規則な日常生活や暴飲暴食、偏食などで女性ホルモンのバランスが崩れると、バストにも悪影響が及びます。

 

また、バストの土台となる大胸筋をはじめバスト周辺の筋肉は、運動不足や加齢、悪い姿勢などでも衰え、バストの重みを支えられなくなり「垂れ」につながります。

 

逆に激しい運動によりバストを激しく揺らすとクーパー靭帯が切れたり、伸びてしまうリスクが高まるので注意が必要です。

 

クーパー靭帯はバストアップに重要な鍵!

クーパー靭帯は、バスト全体を支え吊り上げる重要パーツです。

 

このため、クーパー靭帯が切れたり伸びたりすることはバストの垂れにつながりますし、全身の皮膚のハリや弾力が失われると当然のことながらバスト全体のハリもなくなり垂れてしまいます。

 

ただ、上記の原因の中でも「クーパー靭帯が伸びたり切れてしまったケース」や「バストの皮膚のたるみ」に関してはコラーゲンが有効です。

 

残念ながら1度切れたり伸びてしまったクーパー靭帯は以前のように完全に回復できませんが、コラーゲンを摂取することでクーパー靭帯を強化し、バストの垂れを予防することは可能です。

 

コラーゲンは授乳中に摂取しても大丈夫?

collagen

産後は赤ちゃんのお世話だけで手一杯なのに、体質が変わり、シミ・黒ずみ等の肌トラブルや育児疲れによるストレスで肌のハリや弾力が失われるetc肌トラブルに悩まされるお母さんも多いでしょう。

 

また、産後は肌だけではなく、抜け毛や薄毛など髪のトラブルも増える時期でもあります。産後もキレイであり続けたいと願うお母さんにとって、産後の美容対策は欠かせません。

 

産後だからこそコラーゲンを食品やサプリメントを積極的に摂取したり、コラーゲン配合の化粧品によるスキンケアなど体の内側・外側両面からのアプローチでトラブルを乗り切りたいところです。

 

コラーゲン配合のサプリが赤ちゃんに悪影響を及ぼす?

ただ授乳中はお母さんの体だけでなく赤ちゃんのためにも安全性が最も気になりますよね。実際、コラーゲンは授乳中に摂取しても問題ないのでしょうか?

 

基本的にコラーゲン自体は私たちが日常的に食べる食品中に含まれる栄養成分の1つなので、食事から摂ること自体には問題ありません。

 

ただ、コラーゲン配合のサプリメントの場合、商品によっては妊娠中・授乳中に摂取を控えた方がよい成分が多く含まれていることもあります。

 

かかりつけの医師と相談することが大切!

商品のパッケージに書かれた指定成分や注意書きをよく読み、妊娠中・授乳中に摂ってはいけない成分が入っていないか事前のチェックをしっかり行いましょう。

 

くれぐれも自己判断で摂取しないよう注意が必要です。特に初めて摂取するサプリメントでしたらもちろん、常用していたサプリメントでも、

 

パッケージに記載されている表示に「妊娠中・授乳中の方は使用を控えてください」などと書かれてあれば絶対に使用しないようにしましょう。

 

また、そういった表示がなくても事前に 薬剤師やかかりつけの医者に相談されることをおすすめします。

 

すっぽん小町はバストアップに効果的!?

 

以下の記事も読まれています!