私たちの肌の構造は大きく分けて、皮下組織・表皮・真皮で構成されており、その下に筋肉と脂肪組織があります。中でも大部分は真皮層が占めていますね。

 

若い人の肌に潤いやハリがあるのは、皮脂内部の細胞分裂が活発に行われ新陳代謝が繰り返されることでハリや潤い、柔軟性のある肌が保たれているからです。

 

しかし、20歳以降になると徐々に細胞分裂や新陳代謝の働きは弱まり、だんだん弾力が失われていきます。

 

特に、皮脂を支える、肌のハリ・潤いの元コラーゲンとこれらを補強する弾性繊維(エラスチン)が緩んでしまうのがたるみの原因です。

 

加齢と共に増えるしわ・たるみ!コラーゲンとの関係は?

3122_Fotolia_43795545_XS

 

 

 

コラーゲンは基本的にタンパク質でできており、真皮の75%を占めています。主に、コラーゲンは網目状の繊維成分で真皮を支えつつも肌のハリや潤いの元となっております。

 

そして、弾性繊維はコラーゲンを補強する役割を担っています。

 

ところが、加齢をはじめ紫外線や乾燥、ストレスなど様々な原因により、コラーゲンや弾性繊維は減少してしまいしわやシミなど肌老化が進行します。

 

さらに皮下組織は老化に伴い悪化するので、肌のハリが失われたるみも強くなります。

 

では、年齢と共に減少するコラーゲンや弾性繊維を取り戻し、しわやたるみなど肌老化を予防するためにはどうしたらよいのでしょうか?

 

加齢対策でコラーゲンの増加はどう?

collagen

小じわやたるみなど肌老化の原因は様々ですが、中でも老化によるコラーゲンや弾性繊維の減少や変性、消失がしわやたるみが引き起こすことが大きな原因の1つです。

 

コラーゲンは20歳をピークに生産量が減り始め、25歳以降体内のコラーゲン量は徐々に減少してしまう傾向があります。

 

また、加齢によりコラーゲン量の減少と共に質も低下する傾向があり、美容や健康を維持する機能・能力も低下していきます。

 

体内のコラーゲン量が減少すると、小じわやたるみの他、コラーゲンで構成されている骨や血管、靭帯などももろくなりダメージを受けやすくなるので要注意です。

 

コラーゲンの多い食べ物を摂取しよう!

年齢と共に減少してしまう体内のコラーゲンを補うため、毎日の食生活でコラーゲンを積極的に摂り入れることが大切です。

 

コラーゲン含有量の多い食品を食べることでコラーゲンの元となるアミノ酸も全て摂取でき非常に有効的です。

 

コラーゲンが体内へと摂取されると一度消化されます。そして、アミノ酸へと分解された後、再び体内のアミノ酸によって合成されます。

 

さらに、コラーゲン配合のサプリメントを併用されるとより効率的にコラーゲンを摂取できおすすめです。

 

以下にコラーゲン含有量の多い食品を紹介します。

 

コラーゲン含有量の多い食品

・ゼラチン

・サンマ

・エイひれ

・鶏皮

・フカヒレ

・牛筋

・豚足

 

上記に食品に加え、ビタミンCやアミノ酸といったコラーゲンの原料と同時に摂取すれば、コラーゲンの再合成効果を高めることができます。

 

以上、多種多様な食品からバランスよくコラーゲンを摂取することで、しっかりと体の内側からエイジング対策を行っていきましょう!

 

コラーゲンの摂取は女性ホルモンを補強

collagen

肌年齢は人の印象に深く関わってきます。弾力がなくしわだらけの肌では、どんなに若作りしても実年齢より老けてみられてしまいますよね。

 

逆にプルンと弾力があり、潤いのある肌は、年齢よりも若く美しく見られる大切な要素です。コラーゲンは美しくハリのある肌を保つために必要不可欠です。

 

このため、老化と共に日々減少するコラーゲンを積極的に摂取して充分に補給してあげることが大切です。

 

コラーゲンの減少は、肌のしわ、たるみ、乾燥など美容トラブルの他、関節炎や癌、リウマチなど健康トラブルとも直結することが多々生じます。

 

癌やリウマチ、高脂血症にコラーゲンは効果的?

 

では、加齢によるコラーゲン減少が女性ホルモンの分泌量に密接に関連していることをご存知ですか?

 

女性ホルモンとコラーゲンの関係性とは

女性ホルモン・エストロゲンもコラーゲンと同様、加齢により徐々に減少していきますが、女性ホルモンには体内のコラーゲンやヒアルロン酸生成を促進・合成する作用もあります。

 

また、女性ホルモンが減少すると、肌の弾力や潤いを保つコラーゲンや弾性繊維の量が急激に減少するため、皮膚が薄くなりハリが失われてしまいます。

 

さらに皮膚の潤いを保つ皮脂腺の働きも鈍り、水分をキープするヒアルロン酸も少なくなります。

 

つまり、女性ホルモンをたくさん分泌させることが体内のコラーゲン量を増やすことにつながる重要ポイントとなります。

 

では、女性ホルモンを増やすためにどうすればよいのでしょうか?以下にポイントについてまとめてみました。

 

コラーゲンで顔がふっくらするの!?

 

食生活の見直し

女性ホルモンの分泌を促す作用が強い注目成分「アルギニン」や女性ホルモンを促す「イソフラボン」を多く含む食材を普段の食生活から積極的に摂り入れましょう。

 

アルギニンやイソフラボンが多く含まれる食品は以下の通りです。

 

《アルギニンを多く含む食品》

・ナッツ類(アーモンド・ピスタチオ・クルミ・カシューナッツ)

・大豆、大豆製品

・鶏肉

 

《イソフラボンを多く含む食品》

・大豆

・大豆製品(納豆・豆乳・豆乳ヨーグルト・豆腐・味噌etc)

 

ストレスを溜めず、質のよい睡眠をとる

ストレスも女性ホルモンを減らす一因となります。普段からストレスを溜めないよう心掛けましょう。

 

また、1日の内でホルモンが最も多く分泌される時間帯は「睡眠中」で全体の80%のホルモンは睡眠時に分泌されることが分かっています。

 

特にゴールデンタイム「22時〜3時の間に最も質のよい睡眠がとれ、ホルモンもたくさん分泌されるので、この時間帯に質のよい睡眠をとるようにするとよいでしょう。

 

コラーゲンでバストアップ?授乳中でも可能?

 

コラーゲン配合のサプリ

コラーゲン配合のサプリには様々な由来原料がありますが、効果にほとんど差はありません。

 

最近ではコラーゲン吸収率のよいペプチド化したがサプリメントを選ぶと良いですね。

 

弾性繊維の補強にコラーゲンは効果的?

collagen

真皮層に含まれる美肌の源となる成分として、コラーゲンをはじめ、弾性繊維、ムコ多糖類などがあり、真皮相をサポートするしなやかな補強構造をつくっています。

 

中でも弾性繊維は網目状のコラーゲンに巻き付き、その弾力性をしっかりと補強する作用があり、肌の弾力やツヤをキープするために必要不可欠な成分です。

 

つまりコラーゲンが骨組みとすると弾性繊維は骨組みのつなぎ目が弾性繊維なのです。

 

このため、老化をはじめ乾燥、紫外線などが原因でコラーゲンと弾性繊維が緩んでしまうと真皮をささえきれなくなり、肌の弾力が落ち柔軟性少ない肌になってしまいます。

 

コラーゲンは真皮をサポートするのに必要不可欠

真皮をサポートする補強構造(コラーゲン、弾性繊維、ムコ多糖類など)を強化するために補強材であるコラーゲンの摂取は必要不可欠です。

 

上記に紹介した食事やサプリメントによる体の内側からコラーゲンをしっかりと摂取することに加え、ノンストレスでしっかり睡眠をとるなどメンタル面でのケアも大切なポイントとなります。

 

また、体の内側からだけではなく、セラミドなど肌の潤い効果がある成分配合のスキンケアグッズで外側からケアしてあげることも有効です。ただ、スキングッズによるケアは体内のコラーゲン量増加にはつながりません。

 

基本的には、規則正しい生活習慣+コラーゲンをたくさん摂り入れた食生活で体の内側からエイジングケアを行うことが大切ですね。

 

以下の記事も読まれています!