コラーゲンは、もともとタンパク質の一種です。

 

 

私たちの体内のタンパク質の約30%はコラーゲンが占めており、

 

 

最も多い皮膚をはじめ骨や筋肉、内臓、血管、髪の毛、血管、爪などあらゆるところに存在する重要成分です。

 

コラーゲンの効果って?男性にも嬉しい効果があるの!?

man

 

コラーゲンは美容の味方で、美容だけではなく健康にも効果的とされており、女性から多くの支持を得ています。

 

 

特に美肌のイメージが強く、「コラーゲン効果」=「女性専用」と思われがちですが、

 

 

実は男性にもうれしい効果がたくさんあることをご存知でしたか?

 

 

今回は、男性がコラーゲンを摂取することで実感できる3つの効果について以下にご紹介します。

 

 

コラーゲンの効果で男性の薄毛を解消?

髪の毛は「毛母細胞」でつくられます。

 

 

毛母細胞とは、その名の通り髪の毛の母となる細胞であり、毛乳頭から酸素や栄養分を受け取り、

 

 

細胞分裂を繰り返しながら髪の毛を作る細胞組織です。

 

 

この毛母細胞を含む毛根部分のほとんどはコラーゲンで作られていることをご存知でしたか?

 

 

このためコラーゲンをたくさん摂取することで毛根が強化さ太く濃い髪の毛を育てることができますし、

 

 

抜け毛防止や薄毛予防にもコラーゲンは非常に有効です。

 

 

また、薄毛にも色々タイプがありますが薄毛の男性に最も多いのが

 

 

男性型脱毛症(AGA)で頭頂部から禿げるO字型と生え際が少しずつ後退するM字型の2つのタイプがあります。

 

 

このような男性特有の抜け毛や薄毛の原因には遺伝が関係しているだけではなく、

 

 

ストレスや生活習慣なども絡みあり、頭皮の環境が悪くなることによって発症することが多いです。

 

 

例えば、毛根も肌の一部なので、コラーゲンが減少すると全身の肌と同様に頭皮の老化が進行して、

 

 

薄毛や抜け毛の大きな原因となるので注意が必要です。

 

 

また、髪の毛自体もコラーゲンから作れているので、

 

 

コラーゲンをたくさん摂取することで髪の毛の艶やハリがよくなり太く丈夫な髪の毛が生えてきます。

 

 

毎日継続的に適度なコラーゲンを摂取することで発毛効果を実感できることもあります。

 

 

男性もコラーゲンで美肌効果?

コラーゲンの主な働きは細胞に酵素や栄養素を届けたり、古くなった細胞、老廃物を体外へと排出するなど新陳代謝の働きに大きく関わっています。

 

 

皮膚の弾力やハリが失われ、肌の老化が進む原因としてコラーゲンの減少が挙げられます。

 

 

また、私たちの皮膚の真皮はコラーゲンが70%も閉めており、肌の弾力やハリを保ったり、

 

 

しわや小じわ、たるみの予防にもコラーゲンが必要不可欠です。

 

 

また、コラーゲンは細胞をつなぎとめる働きも担っているので、

 

 

コラーゲンがないと体の機能を正常に維持することができません。

 

 

これは女性だけでなく男性も共通なので、是非日頃から積極的にコラーゲンを摂取して、

 

 

若々しくハリ、弾力のある肌を目指しましょう。

 

 

最近ではコラーゲン配合のスキンケアグッズたくさん市販されています。

 

 

スキンケアグッズで外側からケアしてあげることも有効ですが、

 

 

もともとコラーゲンは分子が大きく体内に吸収されにくいのが最大のネックです。

 

 

このため化粧品やスキンケアグッズによる肌ケアは体内のコラーゲン量増加にはつながりません。

 

 

やはり基本は規則正しい生活習慣に加え、食生活の見直しなど内側からのアプローチが最も確実でおすすめです。

 

 

食生活においては、食品からコラーゲンをたっぷり摂取できるように毎日のレシピを工夫するとよいでしょう。

 

 

食事で常に新しいコラーゲンが供給して新陳代謝を高めることで体の内側からコラーゲン効果を高めていきましょう!

 

 

以下にコラーゲンがたくさん含まれる食品を紹介します。

 

 

《コラーゲン含有量の多い食品》
・肉類

・牛肉(牛筋・皮・軟骨・腱など)

・豚肉(豚足・豚耳・スペアリブ・軟骨・腱など)

・鶏肉(手羽先・皮・軟骨・腱など)

・魚介類

・フカヒレ

・エイひれ

・サンマ

・ウナギ

・サバなど

 

 

上記のようなコラーゲンをたくさん含む食品を毎日バランスよく摂取しましょう。

 

 

ただ、コラーゲンは分子が大きく吸収されにくいの特徴があるので、

 

 

効率よく摂取するために調理法や食べ合わせなど工夫する必要があります。

 

 

◆スープやお鍋、煮物など煮汁ごと食べられる料理がおすすめ

コラーゲンは水溶性なので加熱することで煮汁に成分が溶け出します。

 

 

丸ごといただくためには、お鍋やスープなどが最適です。

 

 

また、コラーゲンの特徴として水には溶けても油には溶けないので、フライなど揚げ物もおすすめです。

 

 

◆サポート成分を一緒に摂る

体内でコラーゲンが再合成される際に「ビタミンC」が必要不可欠です。

 

 

コラーゲンを摂取する際はビタミンCと一緒に補給する良いですね。

 

 

◆サプリメントの併用

基本的には食事を中心にコラーゲンが摂取できることが理想ですが、

 

 

食品から摂取できるコラーゲン量は非常に少なく1日の推奨摂取量を満たすには難しいでしょう。

 

 

そこで、サプリを併用して不足分を補ってあげるのも手段です。

 

 

ただ、サプリメントを選ぶ際に注意するべきポイントは、

 

 

体内に吸収しやすい「低分子コラーゲン」や「コラーゲンペプチド」と表記されたものを選びましょう。

 

 

コラーゲンの摂取で骨や血管を強化?

hone

コラーゲンといえばお肌プルプルの美肌効果のイメージが強いのですが、

 

 

美肌以外にも軟骨や骨を丈夫にして関節痛を和らげたり、血管を強化する効果もあることをご存知ですか?

 

 

上記にも紹介しましたが、コラーゲンは私たちの体内のあらゆるところに存在しており、重要な働きを担っています。

 

 

例えばは骨にあるコラーゲンは、骨を強化するためにミネラルやカルシムを付着させる役割を持っており、骨粗しょう症の予防につながります。

 

 

軟骨に関しては、その半分はコラーゲンで構成されており、主に軟骨の形の維持や弾力性を高めるといった必要不可欠な働きを担っています。

 

 

また、コラーゲンにより作られた繊維は血管の主成分になるため、

 

 

損傷した血管を修復する作用があるので血栓や動脈硬化の予防にも効果が期待できます。

 

 

コラーゲンを豊富に補給することで軟骨の新陳代謝が向上されます。

 

 

その結果、関節痛の痛みを和らげることができるのです。

 

 

以上、コラーゲン効果は実に様々なものがあるので、加齢と共に減少するコラーゲンを積極的に補うことで、

 

 

関節痛や怪我の緩和やスムーズな運動にもつながり、全身のアンチエンジングを促します。

 

以下の記事も読まれています!