女性にとって美肌になるためには、コラーゲンは欠かせないですよね。コラーゲンは、特に年齢とともに減少するので、肌にハリや潤いを与えるには、どうしても必要です。

 

ただ、コラーゲンを摂取したのはいいけれども、浮腫みがあったり、蕁麻疹が出たりする声が最近良く聞かれます。

 

コラーゲンの副作用で浮腫みが出る?《口コミ編》

fukusayou

コラーゲンの副作用ですが、以下の口コミがたまに見られます。

 

(40才主婦)

「コラーゲンをしばらく続けていると体がだるくなるような気がするのです。寝起きも悪く、全身凝っている感じがします。私的にはコラーゲン→浮腫み→だるさというかんじがするんですよね。」

 

 

(27才OL)

「コラーゲンを多く含む食品を摂取すると、翌朝むくんでいるのですが。。。」

 

 

実際にコラーゲン自体を摂取した場合には、コラーゲンが体内に吸収される流れということを考えると、一般的にはコラーゲン摂取で浮腫みがおこるというのは、ちょっと考えられないのです。

 

というのは、通常コラーゲンは消化酵素で分解され、アミノ酸として吸収されます。ということは、コラーゲンを摂取して浮腫みが生じるというのは、アミノ酸が浮腫みの原因ということになります。

 

アミノ酸はむしろ浮腫みを解消する!

普通は、アミノ酸はアルブミンなどの浮腫みを解消する材料になるもので、浮腫みの原因になる要素が全く無いのです。

 

では、どうして、こういう声が聞こえてくるのかというと、結局食べ合わせに色々と問題があったりするようです。

 

食べ合わせで顔が浮腫んでしまう理由とは

例えば、コラーゲンの定番食品である高級食材、フカヒレがありますよね。レストランで食べると結構いい値段になるけれども、とても美味しいですよね。

 

ぷりぷりして。コラーゲンを含む食材の料理というのは、素材そのものが無味なので、実は調味料に物凄く塩分を使っているのです。これはどの料理でもそうです。

 

ですから、いくら美味しくても食べ過ぎてしまうと、コラーゲンを吸収できますけれども、塩分をそれだけ吸収をしてしまいますし、味に多くの塩気ががありますから、水分も多く接種してしまいます。

 

つまり、コラーゲンによる浮腫みと言うのはこういうところに原因がありそうです。

 

コラーゲンを摂取して蕁麻疹が出るのは要注意!

コラーゲンを摂取して蕁麻疹の出る人がいます。

 

これは、浮腫みとは逆でまさにコラーゲンによる副作用で注意が必要です。特に注意をしたいのは、乳製品や卵、鶏肉などで何らかのアレルギー体質の人は、蕁麻疹が出ることが多いです。

 

特にコラーゲンは、動物の皮を使っていることが多いので、動物アレルギーのある人は、アレルギー症状が出ますので、気をつけたほうが良いでしょう。

 

コラーゲンの副作用で下痢になる?

doumyakukouka

更にはコラーゲンを摂り過ぎると、下痢になるという人もいます。一つは何でもそうですが、摂り過ぎはやはり内蔵に負担がかかりますから、まずは摂り過ぎに注意をすることは大事です。

 

それとコラーゲンというのは、タンパク質の1種なのですが、タンパク質は分子が大きいのです。分子が大きいということは、消化がしにくいのです。

 

消化が悪いということは、その分胃腸に負担がかかりますから、下痢の原因となります。

 

下痢がひどい場合は分子の小さいコラーゲンを摂取しよう!

ですから、まずは下痢にならないためにもとりすぎに注意をするか、或いは、分子の小さいコラーゲンもありますので、

 

そちらを摂取することで下痢に悩まなくなったという声は良く聞かれます。

 

コラーゲンで腎臓も悪化するの?

また、コラーゲンを摂取すると腎臓が悪化するという声や疑問もよく聞きます。

 

これはコラーゲンがタンパク質であるということに大きく原因があります。つまり、タンパク質というのは、脂質、糖質といった3大栄養素の一つです。

 

通常、脂質や糖質は体内に吸収すると、余った分は二酸化炭素や水分として体外でてしまいます。タンパク質はと言うと体内でエネルギーになったあとは、二酸化炭素や水分以外に老廃物となります。

 

その老廃物を除去して体外に排泄する役割を果たしているのが腎臓です。

 

必要以上にコラーゲンを摂取すると腎臓が悪化する!

腎臓に悪い人に低タンパク質の食事にしましょうというのは、結局こうタンパク質の食事をすると、腎臓の負担が老廃物を排泄しないといけなくなるので、老廃物の負担がかかるからです。

 

コラーゲンはタンパク質ですから、身体に吸収されて、肌にうるおいを与えてくれた後は、老廃物になります。

 

ですから、こちらも許容量を超えた摂取をすると、腎臓に大きな負担となりますので、こちらも程よい利用をした方が良いでしょう。

 

コラーゲンサプリメントを摂取する際の注意点とは

fukusayou

コラーゲンサプリメントを摂取する上で、サプリメントを提供しているところのやり方に従うということです。

 

つまり、コラーゲンサプリを販売しているメーカーは、1日の摂取量はこの程度ですよということを普通書いてありますよね。薬だってそうですよね。

 

この薬は、朝食後に1錠、夕食後に1錠といったことが処方箋に記載されているはずです。

 

サプリメントは薬ではありませんが、やはり栄養を摂取するものですから、1日の規定量というものが決まっていますから、こちらはきちんと守るということが大事です。

 

必要以上にコラーゲンサプリメントを摂取すると腎臓が悪化する!?

自分は体調がいいし、もう少し肌にうるおいが欲しいからたくさん摂取するということになった場合には、今までご説明をしてきましたけれども、体調に支障が出てきます。

 

特に腎臓に支障をきたすというのが一番怖いことです。腎臓病の初期段階では無症状なので、本人もそういう病気であるという自覚が持てないということですね。

 

そうすると、どんどん腎臓が悪化していきます。

 

慢性腎不全になると内臓に異常をきたす!?

腎臓病の代表的な病気の一つである慢性腎不全になると、老廃物を体外に排泄することができなくなりますから、血液に有害な物質が多くなったり、浮腫みが現れたり、血圧が高くなったりします。

 

腎臓の機能が回復しなくなると、体内にある殆どの内蔵に異常をきたしてしまうという、実に深刻な状況に陥る可能性があるんです。

 

ですから、まずは腎臓に負担をかけないようにするということが一番大事で、そのためには、サプリのメーカーから提出されている規定量をキチンと守って摂取するということは、当然守らないといけません。

 

コラーゲンサプリの選び方に迷ってる方は「すっぽん小町」がおすすめ!

 

コラーゲンサプリの選び方に迷っている方はこちら!

 

以下の記事も読まれています!