避妊に気を使っている女性にはピルを服用されている方もいると思います。

 

ピルを摂取し始めると、太りやすくなるというともいわれていますね。

 

ピルと「すっぽん小町」の飲み合わせなどについても紹介していきます。

 

《以下より早速すっぽん小町の詳細を確認!》

button_003-e1450675195275

 

ピルの効果とは?

pill

最初にピルの2大成分について説明します。

 

エストロゲン(女性ホルモン)

月経や妊娠、女性らしい骨格や体にし、新陳代謝などに必要なホルモン、卵巣や胎盤など女性固有の臓器で造られます。

 

腎臓などでも生成されるので男性の体内でも作られますね。女性の場合、血液中のエストロゲン量は月経周期に合わせて変動しており、エストロゲンの量が増加するのは月経後から排卵後になります。

 

閉経するとエストロゲンはあまり作られなくなります。ホルモンバランスのみだれからイライラ感などの更年期障害の症状があらわれる。エストロゲンと似たような働きをする成分もあり、イソフラボンがそれである。

 

すっぽん小町がエストロゲン値を向上させる!?

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)

体内で分泌されるホルモンで科学的に合成する事も可能です。ホルモン治療薬としてエストロゲンと併用されます。

 

副作用として胃もたれ、体重の増加、むくみ、疲労感、にきび、アレルギーなどの症状がありますね。

 

プロゲステロンとエストロゲンの関係性

プロゲステロンはエストロゲンの効果を弱める作用があります。ピル(経口避妊薬)は確実な避妊ができるので、妊娠を望まない場合に使うお薬です。

 

飲む事を中止すれば妊娠する事も可能になります。ピルを飲むと、月経周期が一定になり月経痛が緩和されます。

 

月経が始まる日が予想できますので、仕事やレジャー、旅行やスポーツなどのスケジュール管理が可能になります。女性にとってピルは生活を快適にするアイテムとなります。

 

生活設計をサポートして、女性のライフスタイルをより快適にしてくれる薬となります。

 

ピルを飲むとどうして避妊ができる仕組みとは

ピルには2つの女性ホルモンが含まれており、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二つになります。これが下垂体に作用してLHとFSHの分泌を抑制します。

 

そのため、卵胞の成熟が抑制され、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの分泌も抑制されます。ですので、排卵が起きないようになっているのです。

 

ピルによる避妊効果の役割とは

受精卵が着床しにくい状態にするために、子宮内膜を厚くならないようにします。そして、子宮頸管粘液に変化を及ぼして、子宮へ精子が侵入するのは防ぎます。

 

この様なシステムによりピルは避妊効果を高めているのです。ピルの他にも避妊方法はありますが、ピルの避妊効果は他の避妊法と比較してどの位避妊効果が高いのでしょうか。

 

性交を開始して1年間使用した場合の避妊における失敗率を比較すると、コンドームが2~15%であるのに対して、ピルが0.3~8%と低い確率になります。

 

ピルは飲み忘れなどがなければ、避妊手術と同レベルの高い避妊効果を期待出来るお薬になります。

 

ピルの副作用とは

服用を開始してしばらくの期間は、不正性器出血や悪心などの軽い副作用が起こる事もありますが、そのような症状は2~3周期でほぼ解決します。そして避妊効果には影響しません。

 

ピルをのむと太りやすくなると思ってるいる方も多いようですが、低用量ピルでは、そのような心配はありません。

 

旧来のホルモン量の多いピルでは、血栓症や心筋梗塞などの重大な副作用の可能性がありましたが、現在の低用量ピルではこのような重大な副作用の心配は必要ありません。

 

また最近では、乳がんになるリスクも低くなるとの臨床結果あります。

 

ピルの副作用は軽減されるの?

・吐き気

・倦怠感

・不正出血

・頭痛

・乳房の張り

 

上記が主なピルの副作用ですが、殆どの方がピルを飲み始めて3ヶ月も経てば、症状は軽減するそうです。

 

開発当時のホルモン量が多いピルでは重大な副作用の心配もありましたが、現在のピルはホルモン量を抑えている為、飲み始めて1~2ヶ月の方が軽い副作用の症状を訴える時もありますが、重大な副作用を起こす可能性は軽減されています。

 

button_003-e1450675195275

 

すっぽん小町とピルの飲み合わせは大丈夫?

s_t13

サプリメントとピルの飲み合わせは、ほとんどの場合は心配いりません。しかし、例外があってセント・ジョンズ・ワートとの飲み合わせはNGになります。

 

セント・ジョンズ・ワートの効果と副作用について

オトギリ草科の多年草。和名は西洋オトギリソウ。有効成分としてビベルフォリンが脳内のセロトニン濃度を高めてうつ病に効果があるとされています。

 

欧米では、ストレスを軽減してくれるハーブとして人気です。薬との相互作用の可能性が高く、

 

・口径避妊薬(ピル)

・強心薬

・気管支拡張薬

・血液凝固防止薬

・抗うつ薬

・変頭痛薬

・抗HIV薬など。

 

上記の薬の効果を弱める働きがあります。また、皮膚の弱い方は日光皮膚過敏症おこす可能性があります。

 

副作用としては、不眠、悪夢、情緒不安定、頭痛、疲労感、ままい、などを引き起こす可能性があります。

 

すっぽん小町はピルと相性抜群!?

上記にありますように「すっぽん小町」とピル(経口避妊薬)の飲み合わせは問題ないようです。すっぽん由来のサプリメントであるすっぽん小町は、女性の様々な病気・美容に効果を期待できます。

 

女性は思春期に初潮をむかえ月経周期を繰り返します、そして妊娠、出産、更年期と卵巣においてホルモンの変化を経験します。

 

この変化のためにホルモンバランスが乱れやすくなります。手足の冷え症やしびれ、便秘や下痢、自律神経失調庄など症状があらわれやすくなります。

 

すっぽん小町が女性特有の病気を予防!

「すっぽん小町」には優れたたんぱく質、必須脂肪酸、ビタミンEなどの成分や、造血効果のある鉄分、ナトリウムもふくまれています。コレらの成分が女性特有の病気の予防に効果が期待出来ます。

 

特にコラーゲンやアミノ酸は女性の冷え性に効果的とされていますね。冷え性は新陳代謝と体内の血流が悪くなり起こります。

 

女性にとって冷え性は病気の原因や体調を崩してしまうことに繋がります。子宮関連の病気も冷え性が関係しております。子宮の病気は場合によっては不妊症に結びつく可能性もあります。

 

未婚の女性やコレから出産を希望される方は冷え性対策が必要です。

 

button_003-e1450675195275

 

すっぽん小町は冷え性の改善に抜群!?

 

 

PR→すっぽんサプリでピルや薬と併用していいおすすめTOP3

 

 

以下の記事も読まれています!